このブログでは管理人の日々の生活等を書きたいと思います。皆さん宜しくお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更ですが、気が向いたのでバトンについて考察します。


質問1.回してくれた人の印象

外見はでかい、黒い、ビーチボーイ。
いつでも平常心を保つ、ボーイ。


質問2.周りから見た自分はどんな風に見られているか、5つお答えください

Ⅰ.年齢不詳
Ⅱ.無人島生活 2週間目
Ⅲ.獣のようなヒト+ヒゲ臣
Ⅳ.忘れ物多い
Ⅴ.主に、滋賀近辺に生息し、未知の生物に対しては極端な警戒反応を示すが、一度心を許すとたちどころに警戒を解く。独自の思考回路を持ち、地が出過ぎると周りに痛い人と見受けられることもしばしば。口癖は、「○○俺もう疲れたよ。」(決してパトラッシュのことではない。)、「○○飲むか」(実行されたことはない)、「力いっぱい抱きしめる・・・それだけだ・・・耐えてみろ・・・」など・・・

*)○○は特定の人物名をさす



質問3.自分の好きな人間性について5つお答えください

Ⅰ.度を越さない社交性
Ⅱ.ノリがいい
Ⅲ.どんな状況でも楽しめる人or平常心?かな
Ⅳ.優先順位が付けられる人
Ⅴ.人と違う見方、考え方のできる人


質問4.では逆に嫌いなタイプは??

Ⅰ.焦ると周りが見えなくなる
Ⅱ.短気
Ⅲ.結果のみを求め、過程を軽視する
Ⅳ.自分に対して不真面目
Ⅴ.ガ○ダムSEED Destinyで言えばシン・アスカ


質問5.自分はこうなりたいという理想像

Ⅰ.人付き合いが旨い
Ⅱ.信頼が厚い
Ⅲ.どんなときでも平常心
Ⅳ.この世と隔絶しない程度の特異な発想力
Ⅴ.体の80%は優しさでできている

質問6.自分を慕ってくれる人に叫んでください

「力いっぱい抱きしめる・・それだけだ。耐えてみろ」


質問7.そんな大好きな数名にバトンタッチ!![印象つきで]

ゲンさんへ[素敵な後輩。得意技は背負いなげ?]
スポンサーサイト
今回は卒団生との夕べ(後篇)と言う事で、
メッセージを残して逝きたいと思います。


S岡様へ

団員に将軍様と呼ばれ、

他団でも将軍=S岡氏ということが浸透しているS岡さん。

将軍と言う名は畏怖と独裁、

そして笑いを象徴するものとして脈々と続いて逝くでしょう。

僕は柔軟中のS岡さんの神速の手振りと、

時々垣間見せる昆虫っぽい動きを忘れません。

これからも音楽を愛し、合唱と共に生きてください。


T村様へ

 「TOPの王様」と呼ばれ、パトリとしてTOPを仕切り、

常に下回生からの信仰の対象であったT村さん。

合唱活動に留まらず、ネトゲ世界でも活躍され、

俺たちのGMとしてもまた尊敬を集めたT村さん。

僕はサム氏に習って「い○ご100%」をバイブルにして、

残り一年の生暖かいメンネル生活を全うしていきたいと思います。

生暖かい目で見守っていてください・・・

P.S 「T村は俺の中で神」(OB アイカワ氏談)


K平様へ

 「悪の団長」として時に厳しく、

時に生温かく、接してくれたK平さん。

「団長は団の風紀を守るもの」と言い、進んで憎まれ役となり

団を常に正しい方向へ導いてくれたK平さん。

よく、僕の事を「雄たけびを上げる野獣みたいだな」

と言っていましたが、

ことあるごとに僕のひげを高速でジョリジョリし、

「ヒゲ臣、ヒゲ~、ヒゲ~」と言う、

真性S丸出しなK平さんの方が、

僕には時に危険な存在のように思えます。

K平さんを思い出すと、いまでもあごに微かな摩擦熱を感じます。

See you again to「甲斐性なし」from「ヒゲ臣」


最後に4回生全体へ・・・

 痛みに耐えて、4年間よく頑張った。感動した。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァァァン

冗談抜きでありがとうございました。(((((((っ・ω・)っ ブーン


                            おしまい
サークルの定期演奏会終了しました。


今年は4回生が濃いメンバーだったので、

まぁ、寂しくなりますね。


ここで些か恐縮ですが各先輩方に

メッセージでも送ってみようと思います。


K先生へ


4月から先生ですね。おめでとうございます。

難しい教員試験を突破されたK先生は立派な勝ち組です。

この勢いでミルヤム戦にも勝利してください。

PS.単位は計画的に・・・


Y史さんへ

今年は色々とお世話になりました。

いつも薄笑いを浮かべながら、

僕の話を聞いてくれるY史さんは

すごい恐ろしい先輩の一人でした。

いつまでも笑顔を忘れないでください。


H人さんへ

「いと尊き方」、隼人さんはもはや僕にとって崇敬の対象です。

シャトルでお菓子を分けてくれる

優しいH人さんはその背後に抱える膨大な負のオーラで

僕を包んでくれていました・・・僕は守られていたんですね。

H人さんには青山・増本派の会合で

会うことになると思いますが、毎日あえなくなると思うと残念です。



取りあえず、今日はココまで

日を改めたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。