このブログでは管理人の日々の生活等を書きたいと思います。皆さん宜しくお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは昨日のことだった。

私は授業で疲れ果てた体をひきづりながら、

兼ねてより目標だった、場所へ向かう事とした。


その場所は某パン屋。

そのパン屋では我が愛すべき後輩のGさんがバイトをしている店だ。

いざ行かんと思った時、重大な事実に気づいた・・・


場所を知らない・・・


そんな私を救ってくれたのは先輩のAさんだった。

Aさんは今を去ることその店で3年ほど前まで

その場所でバイトをしていた。


そのAさんのタレコミに基づき、急襲をかける。

到着・・・・


取り合えず、店の前からその存在を確認する。

いない・・。残念だ。

しかし、話の種にはなると思い、突入・・・。


入ると、右にガラス張りの作業室がある。

そこには巨大な黒い影が・・・


俺の頭の中に警告のアラームが鳴り響く。

「何かの間違いだ」

俺はかぶりを振り、勇気をもって顔を上げる。


奴だった・・・。


奴は俺の顔を見ても、動じることはない。

俺は動揺した。

取り合えず、体制を立て直すために店内を物色・・。


アップルパイその他を手に取り、レジへ・・・


奴にリベンジマッチを挑む・・。


奴を見つめる俺・・・。

奴は冷静にパンを包装した後、俺に向き直りこういった。

「270円になります」

取り合えず会計を済ませて、奴の様子を伺う。

「ありがとうございました」


俺は無残に散った。


その後、鞄の紛失に気づき、

精神的に追い討ちをかけられた俺はパンを食べながら帰った。

その時、夕日の中で食べたアップルパイは少し酸っぱかった。


俺はこの屈辱を忘れない・・・。

必ず、リベンジすることをココに誓う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その後、Gさんは他人のふりを貫き通したはずなのに、店長さんに

「今の人、若いんだか老けてるんだかわからなかったね」

って言われたらしいのは秘密でした。
2005/10/09(日) 22:06 | URL | つばめ #5YVF9k5Y[ 編集]
今日は乙!!
ところでリンクしませんか??
2005/10/11(火) 00:34 | URL | whitehill #LiaQ9uJE[ 編集]
Re:whitehill様< そうしましょう。ではリンクはっときますね


Re:つばめ様<年齢不詳なのは遺伝です。原産にも言っといてね・・・
2005/10/13(木) 23:52 | URL | へれん #-[ 編集]
告げ口されてるΣ(゚Д゚;o)

まぁ、またのご来店をお待ちしています?
(((((((っ・ω・)っ ブーン
2005/10/14(金) 10:03 | URL | 原産 #U6BcQY.s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hideomiblog.blog22.fc2.com/tb.php/16-a3021170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。